白ニキビは潰す?潰さない?赤ニキビにならないためにできること

ニキビ



ニキビができたらまずは早めに皮膚科へ行き飲み薬に塗り薬!


そう!その中で自分で効果を感じたり自分に合っている薬やスキンケアを見つけることが大事!



自分のニキビの状態を自分で知る

繰り返すニキビで悩んでいる方は、自分のニキビの状態を知って下さい。

同じ中等症でもニキビが6個と20個ではかなりの違いがあります。

その辺りは自分で軽症よりの中等症なのか、重症よりの中等症なのかを見極める。

ニキビで皮膚科へ行っても先生はこんなことまで診断してくれないことが多いです。

なので、自分で自分のニキビの状態を知ることが大事です。

軽症     片顔に炎症性皮疹が5個以下

中等症    片顔に炎症性皮疹が6個から20個以下

重症     片顔に炎症性皮疹が21個から50個以下

最重症    片顔に炎症性皮疹が51個以上



皮膚科での一般的なニキビ治療の塗り薬

ニキビの塗り薬

デュアック(ベピオとダラシン)

ニキビやニキビの周囲にも塗ります。


べピオ

ニキビやニキビの周囲にも塗ります


ダラシンゲル

ニキビにポイントで塗ります

ゼビアックスローション

ニキビにピンポイントで塗ります


エピデュオ 主成分はアダパレン(ディフェリン)0.1%と過酸化ベンゾイル2.5%

いきなりの使用は刺激が強すぎなのでエピデュオは使用しません。

ニキビやニキビの周囲に塗ります




ディフェリン

目に見えない小さな毛穴の詰まり(微小面皰)から、白ニキビ・赤ニキビの炎症を減らします。

ニキビやニキビの周囲に塗ります


私が30代の大人ニキビで悩んだときはディフェリンしかありませんでした。

私はディフェリンに助けられました。

とにかく大事なのは継続すること

ニキビができてもできても肌の状態をみて塗り続ける。

とんでもないヒリヒリとした痛みが持続したり、赤くかぶれてきたときは中止して皮膚科に行って下さい。

ニキビができなくなれば、肌の状態を見ながら、回数を減らしながら続けます。


薬の塗り方はこちら

ディフェリンをはじめとする塗り薬の塗り方

・初めて使用する1~2週間がピリピリや赤み、乾燥がでて辛いですが辛抱です。

・直接塗ると刺激が強いので保湿クリームを塗ってからでもよい。

 慣れてきたら刺激がなくなっていることもあるのでその辺りは自分自身で実感していく

・ どうしても痛みで我慢できなければ、15分程したら洗い流しても良い

 (完全にかぶれている場 合はすぐに中止)

塗る部位によって反応が違います。

 Uラインは少なめに額は少し多くても平気な場合が多いです

・赤みや痛みの刺激がなく、ニキビが減らないのであれば、塗る量を増やしてもよい

・ニキビができやすい部位、皮脂が詰まっているところは刺激をみて少し多めでも

3カ月は継続する(途中ベピオからエピデュオに変えるなどはもちろんよい)


このように薬を増やしてみたり、減らしてみたり、刺激はどうなっているのか?それがわかるのは自分だけです。

ニキビを本気で治すなら、塗ってみて3日塗ったら塗るのを忘れた。痛いからやめた。

それではニキビはよくなりません。



白ニキビは赤ニキビのはじまり?

白ニキビは別名「閉鎖面包(へいさめんぽう)」と呼ばれていて、皮脂が毛穴に詰まっているだけの状態となります。

一般的には白ニキビをなくす方法は

ピーリングなどで古い角質を除去

油分が少ない化粧品の使用

生活習慣の見直し(食事、睡眠、ストレス)

など言われていますが、私はそれで白ニキビがなくなった経験はありません。

毎日ニキビ予防のためにもうやっている・・といった感じ。

白ニキビを赤ニキビに進化させないためには?

白ニキビの段階では炎症は起こしていないため、中に詰まっている皮脂の出口さえ作ってやれば、比較的早期に改善できると言われています

ではどうやって皮脂の出口を作るのか?

私は子供のニキビは白ニキビのうちに潰して皮脂を出しています。

この白ニキビを潰すことに関しては色々な意見がありますが・・

潰してはダメの意見

ニキビを自分で潰すのはかえって状態を悪化させてしまうことがあり

白ニキビと思っても実際は膿が溜まっている黄ニキビであり、悪化させてしまう可能があり


これらもよくわかりますが、ですが中の皮脂を排出できそうな白ニキビを放っておいて、赤ニキビになり、炎症しニキビ跡にしてしまうのであれば、私は潰す派です。

これらは個人の考えもありますし、皮膚科へ行けば圧出もしてもらうことができます。

ネットを見ていると、皮膚科の先生が自分で潰してはダメ!と言っていますが、実際白ニキビができてそのタイミングで皮膚科へ行けるわけではありません。

そして、一つ二つの白ニキビを潰してほしいだけで皮膚科へ行けば、良い顔をしない先生がいるのも事実です。




白ニキビの潰し方


1. お風呂上りなど、肌が清潔で比較的柔らかいときに行う

2. 針・コメドプッシャー・マキロン・コットンを準備し消毒しておく

3. 白ニキビの部分をマキロンなどで消毒

4.皮脂が溜まった白い部分を針で刺してから、コメドプッシャーで優しく押し出す

5. 出てきた芯や皮脂をコットンで優しく拭き取る

6. ニキビがあった部分をマキロンなどの消毒液でケアする

 (ダラシンゲル・ゼビアックスローションでも可)






A CLINIC のかな先生のニキビの潰し方も参考になりました。

皮脂が出れば、コメドプッシャーは使わなくてもいい?

針で刺し、皮脂が出てこれば優しく周りを抑えるだけでいいってことね

注意することは皮脂が出るニキビかどうかの見極めと、消毒していない手や器具でニキビやその周囲に触れないことです。

通常は赤ニキビにならず治まっていきます。

自信がない方は無理しないでくださいね。



まとめ

・自分のニキビの数を数えるのは楽しいことではないけど、自分で自分のニキビの状態を知っておく

・皮膚科の塗り薬は正しい塗り方で、ニキビが少なくなってきたからといって、すぐにやめない

・白ニキビは赤ニキビになる前に正しい潰し方で潰すのもあり



私はお肌やニキビのプロではありません。

ニキビで悩んでいる方に私の経験したことを届けたいと思っています。

一個人の経験・知識を元にコンテンツを制作しています。



専門医で経済的に簡単ニキビ・アトピー治療




にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
にほんブログ村


にきび・吹き出物ランキング
にきび・吹き出物ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました